仮想通貨ATA(Automata Network)とはどんなトークン?

Automata Network(ATA)とは?

Web3 dAppsにプライバシーミドルウェアを提供する分散型サービスプロトコル です。

Automata Networkは、複数のブロックチェーン上のdAppsにプライバシーミドルウェアを提供する分散型のサービスプロトコルです。Automata Networkは、最新の暗号技術やプライバシー保護アルゴリズム、トラストコンピューティング技術を活用することで、匿名投票、Miner Extractable Value(MEV)の最小化、No-tracking Indexingなどの多彩なユースケースを可能にします。

Automata Networkは、Zilliqa、LongHash、シンガポール国立大学などで活躍した、業界屈指のブロックチェーンのベテランや研究者によって構築されています。2019年に設立されたAutomataは、Web3 Grant(2020年)の受賞者であり、Web 3.0 Bootcamp(2020年)、Berkeley Blockchain Xcelerator(2021年)、Polkadot Decoded Mainstage speaker(2021年)に参加しています。チームの投資家には、KR1、Alameda Research、IOSG Ventures、Divergence Capital、Genesis Block Ventures(2021年2月にシードラウンド)などがいます。

Ando
大人気通貨のZilliqaの関係者がやっている段階で私は評価しています。

ATAはAutomata Networkのネイティブユーティリティトークンであり、以下のような現在および計画中のユースケースがあります。

ユースケース
ガバナンス :ATAトークンの保有者は、プロポーザル、プラットフォームの機能、ネットワークのパラメータを作成し、投票することができます。
マイニング報酬:コンピュートマイナーやストレージマイナーは、ネットワーク上のユーザーのためにアプリケーションを実行したり、トランザクションを実行したりすることでATAトークンを獲得できます。
プロトコル料金 :ユーザーはマイナーにストレージや計算タスクの対価を支払う
ジオードの割り当て- ユーザーはATAトークンをボンドにしてGeodeオークションに参加できます。

ATAの製品概要

Automatのミドルウェア的なソリューションスタックは、ガバナンスのための匿名のオフチェーン投票サービスであるWitness、DEXのためのMEV最小化ソリューションであるConveyor、ユーザーのためのdo-not-trackインデックスサービスであるLibrarianで構成されています。

ウィットネス 匿名投票 Witnessは、身元や意見を明らかにしたくない投票者が、匿名でプロジェクトのガバナンスに参加するためのオフチェーン投票サービスです。Ethereum、Binance Smart Chain、その他のSubstrate-based EVM対応チェーンへのサポートを提供するほか、以下のような特徴があります。
低コスト - 投票はオフチェーンで行われるため、ガスコストがかからず、高額なガス料金に躊躇することなく、より多くのトークン保有者がガバナンスに参加することができます。
Chainhook - 有効にすると、投票結果に基づいてオンチェーンでの実行がトリガーされます。Chainhookは、プロポーザル作成時に登録したオンチェーンのスマートコントラクトを安全に呼び出すことができます(A feature coming soon!
プライバシー - 公開(投票者のアドレスと票数を完全に公開)、中程度(票数のみ公開)、非公開(投票結果のみを公開し、投票者の身元や票数は公開しない)など、非公開レベルの異なる投票の種類を選択できます。
モジュラー - それぞれの機能を単独で使用することも、一緒に使用することも可能です。例えば、プロジェクトがオンチェーンで実行せずにシグナリングツールとしてWitnessを使用したい場合、それも可能です。
マルチチェーン対応 - Ethereum、Binance Smart Chain、その他サブストレートベースのEVM対応チェーンをサポートしています。
コンベヤー MEV Minimization Conveyorは、MEV問題を解決するためのチェーンを問わないソリューションであり、UniswapなどのDEXとシームレスに動作し、変更の必要はありません。決められた順序でトランザクションを取り込み、出力することで、フロントランニングフリーゾーンを形成し、トランザクションの順序変更による混乱を解消します。特徴は以下の通りです。
ガスレス取引 - ユーザーはガス料金を直接支払うことなく取引が可能になります。

 

ガスレス取引は非常に評価できます。1世代目の仮想通貨はどうしてもガス料金が上がってしまう傾向にあって使いにくいのですが、そこを解消しているのはいいことですね



Anti-front-run - Conveyorに対応した取引ペアでは、フロントランニングによる取引は行われません。
オーダーに関するプライバシー - トランザクションのオーダーは、それが決定され、変更不可能な場合を除き、明らかにされません。ホスティングノードを含む誰もが、決定される前のオーダーを知ることはありません。
シームレスな統合 - 複数のプラットフォーム上のDEXを、低い統合オーバーヘッドでサポートできます。

ATAのプロジェクトハイライト

Automata Networkは、プライバシーミドルウェアという魅力的な提案により、DeFiやWeb3のプライバシーサービスとして認知されることを目指しています。
既存のソリューションは、プライバシーを中心的な価値提案として提供するために、ユーザビリティにおいて様々なトレードオフを行っており、期待を裏切っています。Automata社では、ユーザーが理想論よりも機能性や使いやすさを重視することを期待しています。

Automataのプライバシーに特化したソリューションは、直感的でシームレスな方法で、ネイティブなブロックチェーン環境にプライバシーをもたらすことを意図して構築されています。つまり、私たちのソリューションは修正を一切必要とせず、統合コストがあったとしてもごくわずかです。

Automataは、匿名投票、MEV Minimization、Do-not-track Indexingなど、Web3向けに構築された豊富なアプリケーションをサポートしています。開発者は、オープンソースのコードとAPIにより、より良い構成要素を得ることができます。ユーザーは安全に取引ができ、自分のアイデンティティを取り戻すことができる。Web3の経済活動の規模が大きくなるにつれて、個人はより多くの機会と選択肢を得ることができます。

Automataの技術インフラは、Intel SGXなどのハードウェアで安全に保護された計算機と、業界初となるdApps用Oblivious RAMの実装で成り立っています。これにより、ソフトウェアやプロトコル設計の安定した基盤が構築されています。
Automataはまた、USENIX Security、NDSS、RAID、EuroSys、ICDCSなどの一流のカンファレンスでプライバシーとセキュリティの研究論文を頻繁に発表している、経験豊富な開発チームによって運営されています。

ATAの将来性は

ガスレス取引や著名な研究者の関与など、将来重要なトークンになる可能性があります。

Andoは★を4つと評価します。

 

おすすめの記事